コラーゲンドリンクの効果はあるのか

コンビニなどでも見かけるコラーゲンドリンク。商品コピーには肌とか、ハリ、ツヤ、ツルツルなどの文字が躍り、美容を意識させるピンク系等のパッケージに魅力を感じる女性は少なくないはずです。

さてこのコラーゲンドリンク、実際に効果はあるのでしょうか。

こちらではコラーゲンドリンクの効果について迫ってみたいと思います。

コラーゲンの効果とは

コラーゲンは人や動物の体内でさまざまな働きをするタンパク質の一種です。そのコラーゲンが配合されたコラーゲンドリンクを飲むことで、同じような効果が期待できるといえます。とはいえ、そうした効果を得るためには、コラーゲンの効果やコラーゲンドリンクの飲み方を理解しておく必要があります。

では過去の実験結果をもとに、コラーゲンにどんな効果があるのか見ていきましょう。

<骨に対する効果>

・骨はコラーゲン線維の間にリン酸カルシウムを主成分とする無機成分が沈着して形成される性質があり、十分なコラーゲンがないと骨密度の減少につながる。ラットを使った実験では、コラーゲンペプチドの摂取によって骨密度の改善効果が確認されている

<関節に対する効果>

・激しい運動によって発生した関節痛に対する実験では、1日10gのコラーゲンペプチドを24週間摂取した結果、関節痛の低下が認められている

<皮膚に対する効果>

・魚のうろこから抽出されたコラーゲン(コラーゲンペプチド)を1日5g、4週間継続摂取したところ、30歳以上の被験者には肌の角質の水分量が増加した

・コラーゲンペプチドを1日5g、4週間継続摂取したところ、45歳から64歳までの被験者に対して、しわの改善効果が見られた

<爪に対する効果>

・1日7gのゼラチンを継続的に摂取することでもろい爪が42例中35例で改善された

<毛髪に対する効果>

・1日14gのゼラチンを摂取すると、約7割の人が毛髪の太さが1回目の試験では9.3%、2回目の試験では11.3%太くなった

<血圧・血液に対する効果>

・高血圧状態のラットに対してコラーゲンペプチドを投与した結果、血圧が低下する

・心臓血管系障害を持つラットに対してはコラーゲンペプチドの4週間の投与では、収縮期血圧が低下、8週間の投与では心臓血管系障害の改善が見られた

このように、コラーゲンペプチド、ゼラチンといったコラーゲン由来の成分には、身体組織にプラスの効果があることが明らかにされています。

コラーゲンドリンクの効果とは

コラーゲンドリンクの効果がどれくらいあるのかという科学的な実験結果について、現在のところ発表されているものがあまりありません。

そのうちの一つから、豚コラーゲンペプチドを主成分とするコラーゲンドリンクを使い、25歳から68歳の女性に5gないし10gのコラーゲンペプチドを1カ月間摂取させた実験に関する結果をご紹介しましょう。

実験結果は、肌の水分量と下まぶたのしわ数の計測という客観的な評価方法のほか、被験者に対してアンケートをとり、効果があったかどうかを聞くという2種類の指標で公表されています。

まず肌の水分量としわの数ですが、効果があった人となかった人に分かれ、すべての人に効果があるわけではないものの、一定の効果があると認められています。またコラーゲンペプチドを10g摂取したグループのほうが、5gを摂取したグループよりも高い効果があるという結果も出ています。

もう一つ、被験者に対して効果の有無を聞いたアンケート結果では、

・肌荒れがなくなった
・肌にもちもち感が出た
・吹き出物がなくなった
・乾燥しにくくなった
・肌のきめが細かくなった
・唇が割れなくなった
・化粧ノリが良くなった
・肌にツヤがでてきた
・毛穴が小さくなった

といった肌に対するプラスの効果があったとする人が多く、1週間後よりも1カ月後の方が、こうした効果を実感する人が多いという結果がでています。

また10gを摂取したグループでは、摂取の1週間後から半分以上の人が効果を実感しており、このことから即効性についても有意と考えられます。

とりわけ、もともと皮膚の水分量が少なく、しわの多い人がコラーゲンドリンクの効果をより実感できる可能性があるようですね。

■参考

コラーゲンドリンクを使った顔の皮膚状態の変化に関する実験
コラーゲンドリンク
日本補完代替医療学会誌
Vol. 6 (2009) No. 2 P 111-118

コラーゲンドリンクの効き目はいつ現れる?

一連の実験結果から、肌の状態を改善するために必要なコラーゲンペプチドの摂取量は、1日最低5g以上と考えられます。この量は食事だけでは十分ではないため、コラーゲンドリンクやサプリメントなどを利用して補う必要があります。

実験結果を踏まえれば、1日5gの量を毎日摂取し続けることで、最低でも1カ月後には効き目が現れるでしょう。

コラーゲンドリンクはいろいろなメーカーから販売されており、コラーゲンの含有量や吸収率はまちまちです。製品の安さや味、その他添加されているビタミンなどにとらわれることなく、毎日続けられて効率的に身になる製品を選んでください。

まとめ

少し難しい話になりましたが、コラーゲンドリンクは肌をはじめ、いろいろな部分に効果があると考えられます。ただし、摂取するコラーゲンによっては効果が得られない場合も。より吸収されやすい、コラーゲンペプチドを含む製品を選ぶと良いですね。