コラーゲンドリンクとサプリメント

コラーゲンが配合されたドリンクやサプリメントを選ぶ際、どこに気を付けたら良いのでしょうか。安全面や効果的に摂取する方法など、気になる情報をまとめてみました。

コラーゲンドリンクは、コラーゲンが配合されたサプリメントの一種です。コラーゲンサプリメントは他にパウダータイプのもの、タブレット形状のものがあります。

コラーゲンドリンクと他のタイプのサプリメントとを大きく分けるのが、その形状です。ドリンクは文字通り、コラーゲンが飲料の中に溶け込んだ状態なので、そのまま摂取できます。

パウダーやタブレットタイプですとこうはいきません。パウダータイプは飲み物や料理に溶かして摂取する必要がありますし、持ち運びも困難で、いつでもどこでも摂取できるというわけではありません。

タブレットや粒状のものも同様に、摂取には水が必要ですが、小さな容器に入れて持ち運びができるためドリンクと同じく利便性があります。

コラーゲンサプリメントを選ぶ際には、ドリンクタイプ、パウダータイプ、タブレットタイプとそれぞれの利点を考えて、ライフスタイルや体調に合わせて摂取できるものを選ぶと良いでしょう。

効果的にコラーゲンを摂取するには

コラーゲンサプリメントを効果的に摂取する方法について考えていきましょう。

ポイントは吸収率の高いものを選ぶということです。コラーゲンはそもそも体内での消化吸収率が悪いので、粗悪な製品を摂取してもまず効果は期待できません。

そしてコラーゲンの効果を最大限発揮させるためには、毎日飲み続けることが大切です。朝起きてすぐや夕食後など、自分の飲みやすいタイミングでも構いませんが、できれば就寝前の時間帯に摂取しておくと良いとされます。その理由は22時から2時の間に成長ホルモンの分泌が活発になる「ゴールデンタイム」に合わせるためです。この時間は肌の新陳代謝が良くなるため、コラーゲンが作られやすくなります。この時間を逃さずに毎日コラーゲンを飲み、十分な睡眠を取ることで肌への効果を実感できるようになるでしょう。

そして最後にもう一つ忘れてはならないのは、高脂肪、糖分過多の食事を避けることです。脂肪分が多すぎると、コラーゲンの体内で合成を妨げる要因となり、しわやたるみの原因になります。加えて糖分の摂り過ぎは、コラーゲンを変性させてしまい肌のハリや弾力に悪影響を及ぼします。

このように、商品選び、飲むタイミング、普段の食生活など、コラーゲンサプリメントを効果的に摂取していくために必要なことは結構あります。ぜひ忘れずにチェックしましょう。

どのようなサプリメントを飲めば良いのか。

まずは分子量の細かいコラーゲンペプチドが配合された製品を選びましょう。コラーゲンペプチドは豚の皮や魚の皮・うろこなどから抽出したコラーゲンを加工し、吸収されやすい形状にしたものです。市販されているサプリメントを選ぶ際にはコラーゲンの量ではなく、配合されているコラーゲンの質に気をつけると良いでしょう。

そして口に入れるものなので、安全性にも気を配っておきたいところです。何から作られたもので、どこの工場で生産されたものなのか。こういった生産履歴がパッケージやホームページの製品案内で記載されているものなら安心です。メーカーがコラーゲンの原料から製品までを一括管理していると安全で安心な製品ということがわかります。

生産履歴に加えて、もっと安心できるデータはサプリメントの効果に関する検証実験(エビデンス)のデータです。いくらパッケージなどで効果があると謳っていたとしても、それを額面通りに受け取るのは危険です。特定保健用食品(トクホ)に選ばれていれば安心ですが、コラーゲンサプリメントにはトクホに選ばれている製品はありませんので、残念ながら基準にすることはできません。しかしながら学会、専門誌などで実験に利用され、「肌のたるみや水分量の改善」「血管の健康」「関節や骨の健康状態の改善」などに効果があった、といった製品が存在するのは事実です。毎日飲むものなので、じっくりと選んでいきたいですね。

コラーゲンと組み合わせたいサプリメント

最後に、コラーゲンドリンクなどのサプリメントと一緒に摂ってほしいサプリメントをご紹介します。
まずはビタミンCです。ビタミンCは食事で補うことができますが、食事だけで1日に必要な量を確保するのは難しいため、サプリメントでの摂取をおすすめします。ビタミンCはコラーゲンの合成を助け、コラーゲンの形状を強化する働きがあります。

肌の健康という面で考えれば、エラスチンという成分もコラーゲンの働きを助け、肌のツヤやハリを増す効果があると考えられています。こちらも食品から摂取できますが、豚の血管など、日常的に食べることのない食材からしか摂れないため、サプリメントで摂取しましょう。

まとめ

コラーゲンドリンク、サプリメントを取り入れる際は、その製品の内容と飲み方に気を付けるとともに、食事や一緒に摂りたいサプリメントにも気を配っていきたいですね。